上海の本の値段

2015年3月1日日曜日

社会経済 中国

上海の各書店では本の価格を独自に決めているようですね…
そういう意味では日本よりも資本主義経済社会的です^^;

21世紀資本论

面白いことに、書店ではトマ・ピケティの「21世紀の資本」の中国語版は68元(約1,300円)で買えますが、英語版は、なんと290元(約5,500円…ネットで買うと最安値で208元)もします。

購入される冊数が大きく異なるかもしれませんが、それにしても値段に差がありすぎます。

因みに、日本での日本語版は5,940円もするようですから、中国での英語版の価格がノーマルな価格なのかもしれませんね。

ということは、中国語の本に対する補助金に中国政府はかなり力を入れているということになるのでしょう…

そうしたくなる気持ちも分かるような気もします…

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ