上海での電化製品の故障ー稲妻がはしった!?

2015年1月18日日曜日

企業 中国 日常

t f B! P L
マイクロウエーブ・オーブンが壊れました…

中国メーカーの電子オーブン

スイッチを入れると稲妻のように光ります…数回確かめましたが、怖かったです…

中国では、色々な電気器具の爆発は珍しくありませんので…(-"-)…

メーカーは、中国のHaierで、多分、家電では世界最大ではないかと思います。

使用期間は6~7年だと思いますが、使用頻度からすれば、4~5年ぐらいではないでしょうか。

しかし、なければ不便ですねぇ~…特に冬は、食事の残りや牛乳などを温めたいと思うのが毎日ですので…

でも、まあ、なければないで、何とかはなるものですがね^^;

明日の月曜日には大家さんが業者を連れて来てくれることになってます。

何がなんても修理をしながら使い続けるというのが中国人たちの考え方のようですから、修理をして、一週間もしないうちに再度故障しら、再度修理をして、そして、また、短期間で故障したら、初めて、それでは仕様がないから新品を買いましょうというプロセスになりそうです…

その過程で爆発しなければいいのですが(-_-;)

中国では、家電製品が故障することは珍しくないようですので、使っている物が故障したら、まずは直すという考え方が定着しているようです…

日本では、どうでしょうかね…あまり途中では故障しないように思うのですが…

【その後】
★ 上海での電化製品の故障…対応

【ご参考】
★ 上海では電化製品を何回も修理しながら使い続けます

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

美と醜について

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

QooQ