映画「小さいおうち」

観るとはなしに観てしまいました…

何かモロに私小説的な感じで嫌だなあ~と思いつつ…なぜ観はじめたかと言いますと、理由は単純で、松たか子が俳優として好きだからです(^_^;)

いい意味で奇妙な女優です…
体全体にむんむんとした色気を漂わせるが、セックスの対象としては見れない、その気にさせない、そんな雰囲気を持った女優です。

多分、身体と性格が乖離しているんでしょう、きっと(^_^;)

直木賞作家の中島京子原作で山田洋二監督によって映画化された「小さいおうち」(2013年)です。

映画「小さいおうち」

回想役の倍賞千恵子の老人特有の気味悪さを微塵も感じさせない綺麗に歳をとったという好印象が、回想場面と現在を違和感なくスムーズにつなぎ合わせていたという感じがしましたね。

それで肝心の内容はといいますと、当時としては珍しくないと思われるようなお話です。

時代背景からすれば、
妻の不倫というチョットだけサスペンス調な流れではありますが、誇張も気取りもなく、自然の流れに身を任すようなお話のながれですから、典型的な娯楽映画に慣らされている方々は、あれっ、あれっ…どうして盛り上げてくれないの!? と心の中でつぶやくことになってしまいそうです(^_^;)

それで、面白くはないのか?
と言われますと、面白いですよ…

特に、人生を長く歩いてこられた方々にはお分かりになりますように、心に刻み込まれた罪悪感とか羞恥心を抱いたこととかは、年を取ってゆくと共に以前にも増して蘇ってくる…
忘れたいことなのに、何故、時間と共に去ってくれないのか…というお話です。


EmoticonEmoticon