面白いドラマが突然消える!?

2014年8月31日日曜日

映画・ドラマ 国際関係 中国


ルーズヴェルト・ゲーム

中国では無料で映画やドラマが観れるサイトが沢山(?)あります…
個人で開設しているサイトもあります。
それでも最近では課金する映画やドラマも増えてきました…
その課金は著作権とは関係なさそうですが…

7月に日本のドラマの「ルーズヴェルト・ゲーム」をHao123で観てまして、毎週の更新を楽しみにしていたのですが、突然、そのドラマ自体がサイトから消えてしまったのです。

何故なんだろうと不思議には思ったのですが、何でもありの中国ですから執着しないでおりました。

2週間程前の話になりますが、
会社の社員達(中国人)と日本のドラマの話題がでた時に、彼女は「ルーズベルト・ゲーム」を観て野球に興味をもったと言うのです。

そのドラマは知ってるけど、途中で無くなったよね…全部観たのと聞くと、ああ、あれは個人がやているサイトで観れますよ、と言うではありませんか!?

そうなんだ…彼女にその個人のサイトやらを教えてもらい、すべて観ることができたという次第です。

何故、有名なサイトから突然消えたんだろうねぇ~…
それは珍しいことではないので気にしてませんと彼女達は言います。

最近では、企業や製品/商品を多数掲載して取引ができるサイトとして有名なアリババの名前がでる映画やドラマは削除されるそうです。

放送禁止用語の類なんでしょうが、中国の特徴は政治的な色彩が強いという点ですね。
つまり、アリババのオーナーが政治的に共産党の不興を買ったということなのでしょう…詳細は調べてません。

余談ですが、孫正義氏もアリババに投資なさっておられるようで、アリババが米国で上市することで巨額な利益が期待されているとの報道がありました。

さて、それでは「ルーズベルト・ゲーム」内の何が抵触したのか…
全く中国とは無関係のドラマですから… 
そこで中国人社員が推測したことは、「ジャパニスク」という言葉が中国語では問題になるかもしれないということでした…
よく分かりません。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ