読売新聞は相変わらずですね…消費税問題

守旧勢力(既得権者)を擁護する立場

読売新聞は連日社説で消費税の税率上げが必要だと力説しています。

新聞が立場を全面に押し出しだすことには賛成ですが、読売新聞の場合は論理的主張ではなく、単に守旧勢力(既得権者)を擁護する立場での主張ですから困ります。

日本の財政赤字は確かにデカ過ぎるが、そうまで大きくなってしまった原因が全て国民に帰するかのような言い方をする読売新聞には、社会の木鐸としての資格どころか、資質が無いと言うしかないでしょう…
今更という話ではありますが…

一体全体、有権者の何割がこれまでに膨れあがった財政赤字の原因を理解出来ているのでしょうか!?

更に、施政者達(霞が関の役人達)は…
(民主党政権は既に霞が関の軍門に降ってますから…)
何を、どのようにして、いつまでに財政赤字を解消しようとしているというのでしょうか!?

財政赤字は政治家・官僚に責任がある

財政赤字がこれ程までに巨大になった原因を霞が関の役人達は知っている筈です…
何故なら、巨大な財政赤字にしたのは彼等なのですから…

それでいて誰も責任を追求されません…
大手マスコミも追求しようともしません…
正に癒着なんです。

原因を知ってるが故に、霞が関の役人達は財政赤字を政策でもって解消する意志はないでしょう…

何故なら、政策でもって解消することは、霞が関の既存体制(55年体制から生み出された既得権層)を否定することになるからです。

出来ることは、
既得権層に大きく影響しない消費税の税率を上げることだけでしょう。

よく言われることですが、消費税は国民に対して平等な税制であると…
これは有識者とか知識人とかマスコミで言われている人達が言ってるんです。

税制上でも実質的平等は保証されるべき

憲法で保障される男女平等が実質的平等を意味するように、税制上の平等も実質的なものである必要があります。

収入が多い人ほど国・社会のインフラ(体制)の恩恵を、収入が低い人よりもより多く受けているのですから、受益者負担の精神を持ち出すまでもなく、当然、収入が多い人は税金が多くなる税制が実質的な平等となるわけです。

そういう観点から、消費税は実質的不平等の税制となります。

国が破産するということは?

ところで、巨額な財政赤字の解消が政策的に出来ない場合はどうなるんでしょうか!?
よく言われることは、国家の破産ということです。

国家が破産しますとどうなるかと言いますと経済原理が働き、国家の貨幣価値が陥没して極端なインフレ状態に陥ります。

大きなリュックサックに紙幣を目一杯詰め込んで買い物にゆくという笑えない状況に陥ります…
まあ、目一杯に詰め込める紙幣がある人はまだ良いんでしょうが…

高級車ハイブリッド????

Tags
高級車のハイブリッドが販売されています。

先日、広告をたまたま見てまして、あれっ、燃費が出ていない!?と気付きました。
そのメーカーの他車は燃費がこれだけ改善されましたと強調されていましたが…
まあ、高級車を買うような人たちが燃費や環境対策なんて気にする筈もないと納得した次第です(笑)

ところで、電気モーターを四輪に駆動装備できたとしたら、物凄いスポーツ・カーができますよね。

勿論、四輪の回転数をそれぞれ自動制御できるでしょうから、重たいプロペラシャフトもディファレンシャル・ギアも必要なくなるでしょう。
電気モーターの出力性能で競うという部分は大きいんでしょうかね。
まあ、ガソリンなるぬ電気の消費率改善が話題になるでしょうけど…

兎に角、今後10年で目指す方向は、ハイブリッドではなく電気モーター車でしょうね、多分。

それにしても、旧態依然とした石油関連エンジンや電気モーターではない、全く新しい駆動方式が出てこないんでしょうかね…
既に開発されていたとしても不思議ではなさそうですが…

でも、開発がなされていたとしても世に出るには50年ぐらいは掛かるんでしょう。
何故って、既存の企業がそれを世に出したとしてもタコの足食いと同じで、大きな利益にはならんでしょうから…

また、既存の企業ではない企業が開発しても世に出すためには、既存企業のみならず、それに関係している利益集合体から強烈な抵抗を受けるでしょう。

政治と同じです…アンダーグランドでの戦争が勃発し、結局は既存の利益集合体が勝ちます。

だってそうでしょう…
国・社会体制自体が既存の利益集合体を効果的に擁護するシステムになっているのですから(笑)

尤も、民衆の意識構造が向上して、
大手マスコミ等に惑わされることなく、各自が適確な判断をするようになれば、そりゃあ~、なんだかんだ言っても民主国家ですから何とかなるでしょうけど…

楽天ShowTimeもえげつないことをやりますね

何故って、映画を選ぶ時にストーリーの
あらまし読み、ポスターも参考にしますよね。

captivity revenge

「キャプティビティ・リベンジ」という映画も、監禁され痛めつけられていた女性が立場が逆転して逆に犯罪者を狩るという展開になると言うので、面白そうだと思って観てしまったのです。

このポスターを見ても…
それらしき期待感を抱かせます。

ところがです、
全くと言っていい程に内容が違うのです…
勝手に誤解したんだろうって言われるかもしれませんがね。

まあ、こんなにも騙されたと思ってしまった映画も珍しいですね…315円也です(Q_Q)↓

ただ、感想が書かれているブログもありますから、事前にチェックしようと思えば出来たでしょうね。

何れにせよ、楽天ShowTineはTsutaya と比べて決して安くない、むしろ高いですから、まともな解説内容にして欲しいですよね。

気紛れアルバム(ちょっと古いです)

歩いている際に、なかなかいいねぇ~と感じた花の写真です。
各写真をクリックして頂くと大きくなります。

2008_0505_124943 2008_1115_131911
azalea F1000001
F1000013 菊
菊2 菊3
F1000034 アイリス1
アイリス2 アイリス3
グラジオラス グラジオラス2
しろツツジ ツツジ
ヒメウツギ ペチュニア
ペチュニア-ピンク ユリ2
ユリ3 旧北小桜
水芭蕉

上海の蓮の花

Tags
昨年後半に訪れた旧家の庭園を模した観光地で撮った写真です。
大きな蓮池に咲く花が、余りにも綺麗でしたので何枚も撮りました。
…最初の数枚は違います…

写真をクリックすると大きくなります(^_^)

上海の蓮の花1DSCN1729DSCN1730DSCN1731DSCN1732DSCN1748上海の大きな蓮池上海の蓮の花2上海の蓮の花3上海の蓮の花4上海の蓮の花5上海の蓮の花6上海の蓮の花7上海の蓮の花8上海の蓮の花9上海の蓮の花10上海の蓮の花11上海の蓮の花12