米国の核の傘で日本は本当に守られるのか?

米国に依存することによって日本の経済発展が達成されたことは事実だと思いますが、それによってに日本の主権国家としての独立性が確立されてこなかったことも事実です。

米国の核の傘下で日本の安全が維持されてきてた、そして、今後も維持されてゆくと考えているとしたら、それは幻想を抱いているだけのことであり、非現実的です。

それは過去の米ソの直接的・間接的局地戦争を見れば分かります。
全て両国の領土外です。

元々、両国には相手国を直接攻撃する意志はなく、ましてや核攻撃など思ってもいなかったことでしょう。
両国が直接攻撃し合うと共倒れになるのですから…当然です。

従って、ソ連が日本を攻撃の対象にしなかったのは、米国の直接的な核攻撃を懸念したからではなく、日本には軽視できない軍事力があり、且つ、政治は安定していたため局地戦を作り出せる状況にはなかったのです。
また、リスクを犯してまで日本を攻撃する戦略的価値がなかったとも言えます。

今度は中国が脅威の対象になってきています。
私も中国は直接的・具体的脅威になりうると思っています。
現代の中国においても、真の最高権力機関は中央軍事委員会であり、中国共産党中央委員会ではないと言われています。
そうであるなら、中国の統治の仕方が非常に暴力的であることも頷けます。

韓国と同様に中国も反日教育を徹底しています。
その教育を受けた人々が国の中枢を占めるようになってきているのですから、感情的な爆発が起こらないとも限りません…由々しき問題です。

それでは、日本が米国の政治的・軍事的腰巾着という評価をされ続けていった場合に、米国は中国の脅威から日本を守ってくれるのでしょうか?
答えは"Yes"であり"No"でもあるでしょう。

問題は、中国の政治体制に対する国内で不満が膨れ上がり、突き上げが大きくなってきた時です。
中国政府は、その不満の捌け口を日本に向けさせる手段を講じる可能性があります。
それは、軍事力の行使につながる紛争を意図的に日本と起すことです。
中国人の嫌いな日本は格好の標的になります。

中国が最初に日本を攻撃してくるでしょう。
日本は防戦し、米国は仲裁に入ろうとする筈です。
仲裁が挫折しない限りは、米国は中国を攻撃することはないでしょう。

そして、米国の仲裁に中国は応じる筈です…
米国を巻き込んでの日本局地戦は中国にとっても米国にとっても価値がないからです。
ましてや、米中とも核を使用することなど考えもしないことでしょう。

中国の経済的・政治的重要性を高めてしまっている米国による仲裁の内容は、ケンカ両成敗とはならず、中国側が日本の被害を補償する見返りとして尖閣諸島のみならず沖縄の離れ島が中国の領土となってしまう可能性が高いです。

問題は、初期攻撃で日本は大きな被害を被るということです。
でも、日本国が維持されるということで守られるということになるのでしょうか!?

なんか納得し切れませんよね……
これでは、少なからぬ日本国民が絶えず死あるいは被害にあう危険に晒されていることになります。

残念ながら、どう考えても米国の核の傘は真の抑止力にはなり得ないのです。

従って、日本は独自の抑止力足りうる防衛手段を追求する必要があります。

ひとつは、平和外交を推し進めるということです。

しかし、国家主権もまともに守れない軟弱外交の基盤しか持たない日本に主体的な外交力をどの程度期待できるのでしょうか?

もうひとつは、憲法を改正し普通の国になり、世界最先端の質の高い防衛技術と攻撃技術を開発することです。
実践可能な戦略構築能力を高めることも必要でしょう。

それを達成することによって日本は核兵器を保有する必要がなくなります。

どちらも簡単ではありませんが、可能性の高い方は後者かもしれませんね。

日本が経済的に優位に立っている間は問題が起きるか確率は低いかもしれませんが、徹底した反日教育を受けてきた中国や韓国の人たちが国の中枢を占めてゆくことを安易に考えるべきではないと思います。


EmoticonEmoticon