自民党が派閥云々を言うことは変ですよね(笑)

2009年9月29日火曜日

政治

マリーゴールド
マリーゴールド

「派閥」の概念から「利権」を取り去ったら単なるグループ(集団)になってしまいます。
「利権」を基盤とした政治グループなるがゆえに「派閥」なんですよね。

政権与党の地位から滑り落ちた自民党に、今までの温床であった「利権」など消滅しつつある筈です。
ですから、自民党の「派閥」は自動的に消滅して、野党であった民主党内部のような単なるグループとなってしまうのです。

それにしても、自民党総裁選に立候補した河野太郎議員は情けなすぎましたね(笑)

森元総理や青木参議院等を名指しで悪しき「派閥」の象徴として攻撃したり、若手の西村議員の立候補に改革派の若手を陥れるための謀略だと喚いたりで、河野議員の情けなさが際立ちました。

正直言って、政治家としての彼に対する期待値は限りなくゼロに近づき、やっぱり駄々をこねてしまう坊ちゃんなんだなあ~と思ってしまいました。

そんな河野議員のニュースをTVで見ていた時に、思い出したことがあります。
民主党の小沢幹事長が新人の立候補者たちに注意したことの一つに、選挙活動で対立候補者の「悪口は言うな」というのがあったことです。

政治家たる者は己の目的を達成するために、己の支持者を多数獲得する努力を日々行う必要があります。
それ以外に方法があるんでしょうか?

尤も、村山さんや小泉さんのように、時勢の流れに乗ってラッキー・ラッキーの連続で
首相になられた方々もおりますが、そんなことを期待するようじゃ……

若手の西村議員の立候補にしても、単に河野議員の力が無いだけのことで、それ以下でもそれ以上でもない筈なんですがね(笑)

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

アーカイブ

ラベル

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ