オバマ大統領 - 焦燥感に駆られている!?

2009年9月16日水曜日

政治

今まで誰もがなしえなかった医療制度の改革が俎上にのっています。

演説中のオバマ大統領

保守層からの轟々たる非難を浴びて、オバマ大統領の支持率が4月の62%から52%に落ちてきています。

更に落ちるかもしれませんが、米国の一部メディアは、医療制度の改革が一部でも成功すれば、オバマ大統領の支持率は問題なく回復するだろうと見ています。

それ程に強い抵抗を受ける医療制度の改革案のようですね…
低層階級(人口上は一番多い)にとっては画期的なことなんですが…
勿論、イイ意味でです。

米国の医療制度改革に比べたら、まだ余裕を感じさせる問題ですが、日本の高速道路無料化の論争はどうなるんでしょうかね?
検討過程で国土交通省(官僚)のデータ秘匿問題も露出されましたし、姦しくなればなるほど、付帯的な果実も多くなりそうです(笑)

政・官・マスメディアの癒着で失われていた、本当に有意義な議論ができる場が、ようやく形成されつつあるようです。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ