強烈過ぎるバッシングの流れの中で初志貫徹した政治家

2009年9月9日水曜日

マスメディア 政治 評論

サルスベリと雲
サルスベリと雲

森田実氏も面白い動きをしている政治評論家です。

何年か前に親交のあった政治家から「小沢を頼む」と言われて、小沢支持の評論を始めてましたが…比較的短期間で、あんな奴が首相になったら大変だという立場に変節してしまいました。

今年も強烈な小沢非難を展開しています。

何が彼にそうさせたのか分かりませんが、そのようなケースが少なくないので、知りたいという気にもなりません(笑い) 
多分、これが小沢という人物の貫徹された在り姿なのでしょう。

政治の世界における小沢という政治家の功績には、計り知れないものがあると思っています。
例えば、政治を非常に分かりやすくしてくれました。
何を目指しているのか、諸問題に対してどのように考えているのか、などなど非常に明快な政治家です。

しかも、マスメディ(学者・評論家を含め)が、姦しく彼を批判・非難・誹謗中傷するものですら、益々、周囲が彼の主義・主張を際立たせてくれ、色々な角度からの議論が盛り上がりました。

政治のダイナミズムを期待する人々(反小沢の人々も含め)に、希望の光を灯し続けました。

多少とも政治に関心を持たれた方なら、小沢という政治家の活動に影響を受けたことでしょう。
勿論、主義・主張が異なっていたとしてもです。

好き嫌いは置いといて、確実に歴史に名を残す人物ですね。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ