民主党若手・中堅議員たちの主婦たちの印象に変化!?

2009年9月14日月曜日

政治

赤い花びらが黄色で縁取られたマリーゴールド
マリーゴールド
近頃、民主党の次世代とマスメディアに期待されている若手と称される議員たちに対する主婦の印象が不快感を帯びたものに変わってきているようです。

反小沢と称されてきた前原、野田、枝野、仙石などに代表される若手(政治の世界での)議員達です。
(旧社会党出身である仙石議員が何故に外交上タカ派と言ってもよさそうな前原グループにいるのか理解に苦しみますが…
それが彼の戦略と考えると透けて見える漁夫の利的な狡猾さを感じます)

反小沢の若手を利用して小沢バッシングを続けるマスメディアの効果が、彼等が意図しない面白い心理現象を主婦層に生じさせてきているようです。

誰がみたって政権交代の最大の功労者である小沢を排除するかのように、若手議員たちの内閣の要職に就こうする活動や、反小沢の議員を登用するべきだというマスメディアの報道が流され続けたことが、視聴者に極度の不快感を与えてしまったのです。

直接的、間接的に聞こえてきた主婦たちの声には、内閣のポストに群がる若手議員連中に対する嫌悪感に満ち溢れていました。

偽イーメイル問題で民主党が崩壊しかかったのは、ついこの間ですよ!
旧民主党の議員たちは、本当に反省しているのでしょうか…

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ