大久保被告ー西松事件

弁護人の所感が発表されました。初公判は12月18日ということです。 出来れば傍聴したいと思ってますが…日和りそうですね(笑) 内容を読むと、「国策捜査」という言葉に関して、何故、鳩山首相が記者会見で日和ってしまったのか不思議ですね。 引くタイミングだったのでしょうが、政治...

毎日新聞の岩見隆夫という評論家

岩見隆夫氏は、昔からTBSでよく見かける有名な政治評論家です。 巨人・自民党・目玉焼きとでも言い出しそうな三宅久之さんと同様に、何の変哲も無い守旧派の政治評論家ですよね。 はっきり言って、世代交代して欲しい分野におられる一人です。 サンデー毎日のコラムで彼は、 事務次...

日本固有の2大政党制の可能性

足掻きに足掻き、 終には大きな負債を抱えて会社が倒産する時のように、自公政権も日本をガタガタにしきってから自滅してしまいました。 こんな腐敗しきった自民党が2年以内に政権与党に復帰してしまう可能性はあるのでしょうか? ないとは言えませんね…但し、次のような条件付きでです...

自民党が派閥云々を言うことは変ですよね(笑)

「派閥」の概念から「利権」を取り去ったら単なるグループ(集団)になってしまいます。 「利権」を基盤とした政治グループなるがゆえに「派閥」なんですよね。 政権与党の地位から滑り落ちた自民党に、今までの温床であった「利権」など消滅しつつある筈です。 ですから、自民党の「派閥」...

マスメディアの未練!?

政権交代の具体的効果が色々と現れ始めており、今後の期待が高まっています。 マスメディアは、政権交代によって現れた、且つ、期待できる政治・行政機能の改革・改善をもっと具体的に取上げるべきです。 それが、彼ら自身の癒着の反省と改心を表明することになると思うのですが… しかし...

マスメディアは頑強な大人の体をした子供!?

官僚やマスメディアの辞書には反省・責任という言葉は無い!? 選挙は政策でもって戦われるべきだと、あれだけ金科玉条のごとく喧伝してきたマスメディアたちは、ここにきて、マニフェスト(公約)に掲げられた政策に縛られるべきではないと言い始めています(笑い) 中曽根元首相を当時「風...

感情的に大騒ぎしない日本国民!?

日本のGDPがマイナス成長と発表された後に韓国の新聞が、大騒ぎしない日本国民はそれだけ豊かなんだろうと言っていました。 揶揄ではなく文面どおりの意味にとれる記事内容でした。 しかし、感情的に大騒ぎする韓国国民とは異なり、日本国民は危機意識を政権の交代という思い切った形で表...

無責任なマスメディア

以前から米国サイドで 日本と核の密約があったことを公表しているにも拘わらず、自民党政府と外務省は否定してきたこと自体は問題ですが… それと同時に、 日本のマスメディアがその問題を追求し続けなかったことが、政・官とのマスメディアの癒着が如何に酷いものだったかを如実に表してい...

自動車会社の販売戦略

ここ一年ぐらい自動車の新聞や雑誌の広告を見てますと、500万円以上の高級車が多いように感じます。 一般大衆車は、ハイブリッド以外、宣伝しても売れそうもないので、広告費を抑えているのかもしれません(笑) 大量に退職した団塊の世代をターゲットにして高級車を売るという戦略には妥...

米国の医療制度改革

米国は米国であり続けるために変わろうとしているように思う。 逆に言えば、それだけ社会状況が悪化してまっているとも言えそうです。 市場経済活動の勝利者たち…知っていますか? 何故に彼らの数が敗者の数に比べて圧倒的に少ないのかを… 絶えずリードしてきた社会・国家のメカニズ...

記者クラブは? - 新政権の公約違反!?

日本の報道機関の閉鎖性を象徴するものとし て内外から批判されてきている、悪名高き「 記者クラブ 」のお話です。 Wikipedianの説明は: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%98%E8%80%85%E3%82%AF%E3%83%A9...

有識者による諮問委員会 - 機能していた?

政府の各省が勝手に判断しないで、広く有識者の意見を取り入れるという建前で設立する 何々諮問委員会(審議会も含まれる)という制度がありますが、堺屋太一氏によると、殆ど機能していなかったということです(笑) 学者や専門家が参加して特定の議題を審議するわけですが、学者が100人い...

何故、民主党岡田氏は若手グループに担がれるのか?

答えは単純です。次世代若手グループは、独自のグループを持たない岡田氏を数にものをいわせて好きな時に降ろせるからです(笑) つまり、民主党の若手グループにとって、都合よく自分達の繋ぎの役目をしてくれるのが岡田氏なのです。 若手グループの狡っからさが透けて見えます。 民主党...

二大政党制へ向かう第一歩!?

二大政党制に向かう大きな第一歩を踏み出したかのように見えますが、果たしてそうでしょうか? このままの形態で二大政党制(三大でもいいですが)に移行することはないでしょう。 第一に、移行するための政治機構のインフラが整っていないからです。 第二に、政党自体も整備されていませ...

オバマ大統領 - 焦燥感に駆られている!?

今まで誰もがなしえなかった医療制度の改革が俎上にのっています。 保守層からの轟々たる非難を浴びて、オバマ大統領の支持率が4月の62%から52%に落ちてきています。 更に落ちるかもしれませんが、米国の一部メディアは、医療制度の改革が一部でも成功すれば、オバマ大統領の支持率は...

浜矩子というエコノミスト - 世間知らず!?

覚醒したエコノミストとして目に留まった方です。 彼女は、長年勤めた三菱総合研究所から同志社大学に転職して教授というポジションに就かれています。 覚醒したと思ったのは、どうも化かされたようです。 転職のための方便だったのかもしれません。 彼女のマスメディアに露出する機会が...

マスメディアの先生方の反省は???

政権交代というダイナミズムによって、政(自公)・官僚・大手マスメディアの癒着が露骨に表面化しました。 今のところは、官僚は身構えており、反省させられるか否かはこれからでしょうが、大手マスメディアはどうなんでしょうかね? 自民党と一緒に下野したつもりの産経新聞が「民主党の思...

日本航空 外国エアラインの傘下!?

旧運輸省(現国土交通省)が群がって食い漁ったJALが、約500百億円の投資が必要として海外の航空会社の支援を受けようとしています。 国土交通省が推すデルタと日航が提携していて違和感のないアメリカンの名前が今朝の新聞に載っていましたが、エアフランスも名乗りを上げているようです。...

民主党若手・中堅議員たちの主婦たちの印象に変化!?

近頃、民主党の次世代とマスメディアに期待されている若手と称される議員たちに対する主婦の印象が不快感を帯びたものに変わってきているようです。 反小沢と称されてきた前原、野田、枝野、仙石などに代表される若手(政治の世界での)議員達です。 (旧社会党出身である仙石議員が何故に外交...

最短コース

目的に向かって最短の道を進もうとすると、種々雑多な軋轢が生ずる。 極々一般的な現象と言える。 分かっていながら再考できないもどかしさを、誰しも感じたことがあるのだろうか? しかし、最短で行くことに越したことはない。 それならどうするのか? 徹底した事前分析と対策……...

千葉県の予算不正消化事件

森田健作知事が頑張っているようですが、彼にもチャンスが訪れましたね(笑) ここで成果を上げなければ男じゃあ~ない!

核の脅威-後戻りできない失敗!?

色んな週刊誌や月刊誌が書店やキオスクに置 かれていますが、殆どの雑誌の政治評論は 強固・極論派(右派・タカ派)が主流になっ ています。 ただ、面白いことに、彼らの論調は、実質的 な米国への追従がベースとなっていますの で、チョット腰砕けの感じもしますが(笑) 彼らも商売ですから、...

強烈過ぎるバッシングの流れの中で初志貫徹した政治家

森田実 氏も面白い動きをしている政治評論家です。 何年か前に親交のあった政治家から「小沢を頼む」と言われて、小沢支持の評論を始めてましたが…比較的短期間で、あんな奴が首相になったら大変だという立場に変節してしまいました。 今年も強烈な小沢非難を展開しています。 何が彼...

気分転換で、おとなしいレイアウトにしました(笑)

経済情勢が、再度底割れするのではと懸念する声が上がっています。 中国が景気刺激策で投入した約55兆円も効果が薄れてきたころです。 中国政府は刺激策を継続すると言っているようですが、本格的な内需振興に手をつけるのでなければ、結局は、世界の工場として先進国の景気回復を待つだけ...

自己総括したがる姜 尚中(カン サンジュン)氏

姜尚中(カン・サンジュン)氏は熊本生まれ の政治学者(東大教授)です。 Wikipediaによりますと、朝鮮から日本に 仕事をもとめて移住されたご両親のもとに 在日二世として生まれています。 一般的にも、テレ朝の「朝まで生テレビ」に 何回も出席なさっていましたので、知られて いる...

オバマ政権 - ワーキング・プア何とかしなければ

オバマ政権は、働いても貧乏な国民を対象に US$85 Billion (約8兆5千億円)の減税 を2019年まで期間延長しようとしているようです。 あちらでも、そのための財源問題を追求されています。 勿論、景気対策にもなるでしょうが、単純に不思議に思うことは、 貧乏で...

相も変らぬ小沢一郎非難

規制法違反に関するコメントは、 反小沢の大手マスメディア報道と郷原氏のコラムを通してだけのもので、 それらの範囲では、論理的に反小沢マスメディアの負けと判断しております。 まあ、そんな事はどうでもよくて… 小沢一郎という政治家が、政・官・マスコミ(癒着構造)から集中的に...

産経新聞社の傲慢 = メディアの退廃

驚愕の記事が出ましたね。 マスメディア腐敗の実態を象徴する内容です。 インターネットの「ツイッター」という 投稿サイトに、産経新聞社が設けた 専用ページに何と産経新聞社の社会部の 選挙取材班が、 「民主党さんの思うとおりにはさせないぜ」 「産経新聞が初めて下野」 ...

まだ、おっかなびっくりのマスメディア(^_^)

民主党の圧倒的勝利の後で、 日本のマスメディアの記事/社説内容がどのように変わってゆくのか、 野次馬根性的に楽しみにしてます。

自己紹介

自分の写真
暇を持て余さないように、馬鹿と思われるようなことにでも没頭してしまう性格です。問題は、熱しやすく、冷めやすいことです。従って、座右の銘は「継続は力なり」です。ホーム・ページで詳しくておかしな自己紹介をしています。更新を怠けますので、殆ど見られてませんが(^_^) 次のサイトに子供時代の一端を紹介しています。 http://park7.wakwak.com/~simple/Profile2.html