コンビニの搾取

2009年6月26日金曜日

企業 経営 社会問題

セブンイレブンの商標

セブンイレブンの「見切り販売制限」問題が、公正取引委員会で取上げられ、結果的には独占禁止法に基づく排除措置命令が出されました。

セブンイレブンの対応では、仕入れ原価の15%負担を本部が行うことにしただけで、命令自体に従う意思はなさそうです。

それに関するセブンイレブン擁護(記事)特集が日経ビジネスオンライン2009年6月26日付けに掲載されましした。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090625/198566/

実態の把握や論理的展開の曖昧さが目立つ内容のように思われますが…それはそれとして。
日経ビジネスの記者が書く内容は、基本的に企業擁護が前提となっていたとしても不思議はありません(笑)

実際の店舗オーナーを取材(?)した内容のサイトにご興味のある方は:
http://park7.wakwak.com/~simple/furukon3.html

【ご参考】
★ コンビニの搾取 2
★ セブンイレブンのビジネスモデルは店舗の犠牲で成り立つ
★ セブンイレブンの「見切り販売」の実態!?

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

アーカイブ

ラベル

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ