エンジンオイル -無節操なカーショップ

2009年6月19日金曜日

社会経済

缶入りのエンジンオイル
 
自動車をお持ちの方々で、ディーラー任せではなく、イエローハットなどのカーショップでご自分でエンジンイルを選び、交換してもらっている方々も少なくないと思います。

尤も、自動車所有者で一番多いのが、ボンネット(エンジンルーム)を自分で開けたこともないという方々だと思います(笑い)…歴史的にトヨタが最も売れた層ですよね。

そういう私は、オートバックスで交換してます。

色んなメーカーのオイルを試してみましたが、確かに、オイルによって自分の車の調子は変わりますね。

純正オイル以外で、
値段と性能のバランスが取れた自分の車に合ったオイルって、なさそうでありますよ!

ほんと、メーカーによる違いが、結構ハッキリでます。

例えば、スズキのKei(ターボ付き)に様々試しましたが、総合的に合ったのが、軽自動車用の缶があるBPの鉱物油でした。

非ニュートン系のオイルも試しましたが、どうしても重くなってしまうようです。
走行距離数が多く、クリアランスの広がった車には良いかもしれませんね。

何だあ~この値段は!?
と敬遠しそうなモチュールのオイルも、一回だけ入れました。

3000ccの乗用車ですが、東京-京都往復と市街地少々の走行でリッター13キロも走ったのにはびっくりしました。
いつも入れているレベルのオイルですと、良くてリッター12キロですから…
因みに、仕様書ではリッター9キロチョットです。

エッ、どうして続けて使わなかったのかとおっしゃるんですか!?
オイルエレメントと交換費用込みで、2万円超えるんですから…
リッター1キロ改善程度じゃあ~ね(笑)

ところで、カーショップでオイル交換した後3ヶ月で、オイル交換時機到来の案内状はきませんか?
オートバックからはきます。

こっちは1年間で交換予定にしているんで、オイルを交換をするときも整備士と、
「このオイルは一年一万キロ大丈夫?」
「大丈夫ですよ」
などと雑談しているのですが…

オイルのグレードが"SL"になった時に、環境対策として長期使用に耐えうるオイルという宣伝文句(?)があったように思います。

自動車メーカーも1~1年半の交換サイクルを仕様書に謳っていた筈です。
走行距離は1~1.5万キロだったでしょうか…

今では、"SM"グレードで2年2万キロ推奨のケースもあるようです。

しかし、カーショップは、今でも3ヶ月交換がベストとか言っているのです。

如何に商売で売りたいからだと言っても、余りにも無節操で露骨な反社会的行為ではないでしょうか!


【ご興味があるかも…】
★ エンジンオイル

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ