健康診断の格差

2009年6月3日水曜日

健康 社会経済 社会問題 人権

格差のロゴ

今日は、会社が義務付けられている従業員の健康診断日。
どうってことはない、多くのサラリーマンが経験していることだ。
ただ、会社によって検査項目・内容が違う…

どうしてって、受益者負担の社会だから、会社がどれだけ従業員の健康管理に金を使うかによって、検査環境や内容が異なるだけだ。

勿論、実態は、会社の大きさに比例しているわけではない。
大手の会社でも、貧弱な、最低限の項目で済ませているところもある。

そういうところの社員の中には、会社とは関係なく、わざわざ自前で人間ドックに入って検査してもらう人達もいる。

給料レベルが低い方の中小の会社が、従業員の健康診断には金を掛けてるケースもある。

いわゆる、経営理念の違いと言えるのだろう。

従業員が病気になったり、怪我したりして出社できなくなって困る程度は、大手の企業より中小企業の方がずーっと大きい。
理屈は単純だ。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ