近所の川釣りに再挑戦ー資本論と評論家

2009年5月24日日曜日

趣味

5月17日
土曜日、家族の遠出に付き合う必要がなかったので、再度近くの川で鯉釣りに挑戦しました。

川釣り

結果は、敢えなく撃沈され、チョット苛立つ。
自分が挑戦した四時間足らずの間は、例の釣り人達も、少なくとも見渡せる範囲内では、釣果なしでした。

相も変わらず、大きい鯉が水面上に飛び跳ねて釣り人達を嘲笑っていました。

今回は、チョット悔しい。
上州屋で仕掛けと餌を買い、多少は釣れそうな準備をして出かけたにも拘わらず、全く、それらしき当たりもなかった。
つまり、
やった準備が的を射てなかったわけだ…その外れが悔しいわけです。

やはり、8号ラインで団子釣りしかないのかなあ…
確実にデカイ鯉やヘラブナが釣れるけど、こんな川で、しかも、キャッチアンドリリースの釣りでは結構面倒くさい気持ちになります。

それなら自転車でもうチョット離れた大きな川に行き、思いっきりでやりたい…
となると以前の繰り返しになってしまう…
どうせなら食べられる魚を釣ってきてよ!
とほざいた妻の顔が目に浮かんでくるのです。

やはりまた海かなあ…時期がイイし、思いっきり力任せに遠投もできる。
高級魚を狙わなければボウズも殆どないし…でも、まともな海までの往復6時間がなあ。
あ~あ、気が重たい……


資本論と評論家
昔から、バイトの先生方も含み、評論家と言われる方々がいて、何年経っても世間の評価は変わっていないようですが、何故か、色んな分野で人数だけは増えましたね。

昔々、隠れたベストセラーといわれたカール・マルクスの「資本論」という本がありました…尤も、今でもありますが。

"積ん読"のさいたる本の一つではないでしょうか。
そう言う私も、最後まで読まずじまいで、今でも持っています。

本自体が大変な量ですが、専門家ならずとも読み切れない程の枚数ではないと言えるかもしれません。

ドイツ語の原文は分かりませんが、和訳書の文章表現(言葉使い)には、専門家が凝りそうな独特のものがあり、それがますます辛読・難解なものにしてしまっているようです。

まあ、その難解さも後押ししたんでしょうが、「資本論」の何種類もの解説書が本屋に溢れていたものでした。
解説書の解説書も含めてね(^-^;

とは言っても、「資本論」の解説書は、その分野の専門家諸氏が書かれたものが殆どだったでしょうから、次元が違うんでしょうけど…

所謂、りっか何とか言う似非進歩派の評論家に代表されるような、政党の政策綱領を熟読しているのかどうかも怪しいマスコミ関係者や評論家諸氏のコメント・解説らしきものを聞いて分かったつもりになることは問題ですよね(-_-;)

「資本論」=共産主義、なんて考えている方はいらっしゃらないでしょうね。

これは、単なる(?)理論的・体系的な経済学書ですよね。

1867年(明治維新の前年)の第一部の出版は著者ご本人によるようですが、全三部の出版書として完成したのは、ご本人が亡くなられてからのようです。

彼の理論はダイナミックで、部分的には、非常に分かりやすく納得しやすいと思います。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ