釣り

2009年5月24日日曜日

趣味

5月10日
釣り
午後から、強い日差しの中、近所の川へ釣りに出かけた。

マンションや戸建て住宅が川辺に立ち並び、大きくも深くもない川ではあるが、夥しい数の鯉が生息している。

川釣り
好天に恵まれた穏やかな日には、釣ることに意義を感じていなそうな穏やかな人々が点々と岸辺に竿を出している長閑な風景が目に入ってくる。

橋の欄干から暫く眺めていたことが何回もあるが、一度も釣れた場面に出会す幸運に恵まれたことがない。

悠然と游ぐ鯉の群れが橋の下に見えなくなってゆく。

オーイ!此処に大きな鯉の大群がいるぞぉーって叫びたい衝動に駆られるが…
やはり、叫ぶわけじゃない。

彼等の多くは鯉を待ってるわけじゃない…
ときおり餌を付け替えながら、ヘラブナをジーッと静かに待っている。

釣りは短気な人向きだということは、見た目と異なる実態というわけで、結構知られている。

彼等を眺めていると、趣味として幅の広い釣りには似合わない言葉のように思えてくる。

近年は海釣りにも行かなくなったので、川釣りでもと思い立って出かけてみた。

ヘラブナなど待たずに、群生する鯉狙いだ。

鯉は雑食なのでパンでも芋でも食べるという。
サツマイモの方が食いつきが良いとのことだが、無かったので新ジャガにした。
茹でずに生のまま小さく角切りにして、砂糖湯に浸けて準備オーケー。

投げ釣りと浮き釣りの仕掛けを持ってイザ出陣ということで、歩きで出かけた。
キャッチ・アンド・リリースなので嵩張る物は何も必要ない、気楽な行進だ。

いるいる、今日も岸辺では、程よい間隔で居並ぶ釣り人たちがジーッと水面の浮きを見ている。
相変わらず釣れてそうにない。

簡単な仕掛けをセットして、竿を出す。
水門や川の中央付近を当たってみるも、全く音沙汰なし。

2時間が過ぎ、岸辺に近いところで、鯉(多分)が水面に跳ね上がる…
バッシャーン。

音のする方を見ると水飛沫がキラキラと目に入ってくる。
釣れなくとも、こんな綺麗な躍動を見られただけでもイイか、と思えてくる。

そんなこんなで5時近くになったが、餌のジャガイモなど舐めた形跡すらない。
新ジャガではダメだったか…
もう止めよーっと。

ということで、ボウズの結果にも不思議と悔しさもなく、凱旋ならぬ敗戦の徒歩で帰宅。

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ