30才の会社員の小遣い

2009年5月24日日曜日

社会経済

丘の上の家と車とお小遣いのロゴ

5月12日
30才の会社員。正社員です。小さな子供のいる三人家族です。

毎月の小遣いは一万円!?
それでも喫煙してます…多分、一日5本以内でしょう…

昼飯代は、
営業職なので会社から一日当たり600円の補助がでます。
これで昼飯の心配はありません。

それで、タンス預金も、たまにするそうです…全然貯まらないそうですが。

吝嗇家? いいえ、違います。
収入が低いので、年金生活者のような生活に甘んじざるを得ないのです。

頭は殆ど坊主で、元気で活発な青年です。
彼の生き甲斐は、女房と子供です。
子供に、どんな夢を見させたいのでしょうか…楽しみな筈です。

ある会社の社長が言ってました。
一体どこが格差社会になったと言うんだ!!
前と何にも変わってないじゃないか。
社長の給与と平社員の給与との差が広がったわけじゃない…
格差は以前と同じだよ! と言いながら、
全社員の給与を6%もカットしている…元々、低いのにも係わらず。

こういう世間知らずの社長って結構いらっしゃるようです。
そんな社長で、会社、大丈夫なんでしょうかね!?

Translate

ブログ内の検索

読んで頂きたい投稿

日本を素晴らしい国にするために人口2億を目指す

ラベル

アーカイブ

Follow by Email

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ